今日7月30日は『梅干しの日』だそうです。

和歌山県みなべ町の東農園が制定し、「梅干しを食べると難が去る」と昔から言われてきたことから

「なん(7)がさ(3)る(0)」の語呂にあわせて、『梅干しの日』にしたとの事。

今から約1千年前に遣唐使の小野妹子によって中国から日本に伝えられた梅は、「食べ物・水・血」の三毒を絶つ果実と言われ、昔の人は干した梅を薬として利用し、旅先で熱病や風土病などの病気にかからないように持ち歩いたといいます。

最近は暑い日も続いており、熱中症や夏バテ予防には『梅干し』ですね♪

 

工藤

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする