先日、法務省の調査で60歳以上の受刑者で

1割を超える1300人程度に認知症傾向があると発表されました。

ちなみに割合的には塀の外と同じだそうです。

認知症受刑者の社会復帰は難しく、

刑務所運営への負担も大きいことから

予防や進行を遅らせる事に有効な処遇を検討したいとしているそうです。

今後刑務所でのこういった高齢者への対策はどうなっていくのでしょうね。

神戸では高齢受刑者が寝起きする棟内に[高齢者工場]があるそうです。

また、栃木では2014年から看護師・社会福祉士を採用したそうです。

どこか忘れてしまいましたが、刑務所職員の介護研修も始めるそうです。

 

高齢化社会、いろんな所で大変がおきてますね。

切羽詰ってから行動してもあまり良い事がないと思うので、

と言うより、もう遅いと思いますが、

政府さん、対応お願いいたします。

 

三上

 

 

コメント & トラックバック

No comments yet.

コメントする