春になると眠くなるとよく言いますが、4月~5月初めまでは急に寒くなったり、少し暖かくなったりが多かったですが、最近ようやく気温も上がり暖かい日が続いています。

暖かいと、ついつい眠くなってしまうもので・・・朝も布団のぬくもりが心地よくてつい二度寝をしてしまうなんて事も(+o+)

寝るのが好きな私はいくら寝ても寝ても寝足りないと感じてしまいます。←これは春に限らずですが・・・(^_^;)

「春眠、暁を覚えず」という言葉がありますが、春はなぜこんなに眠いと感じるのか??

日照時間の長さが関係しており、冬から春になるにつれて日の出が早くなり、昼間の時間が長くなりますよね。これまでより早い時間に朝がやってくるのに、冬時間に慣れた身体はなかなかそれに追いつく事が出来ない・・・軽い時差ボケのような感覚になるうえに、あたたかな陽気も手伝ってかなかなか起きられないというのが『春眠』の正体のようです。

 

工藤

コメント & トラックバック

No comments yet.

コメントする