最近は朝夕涼しくなったきました。

今日の午前中は天気が良く暖かい日が差していました。

洗濯物もしっかり乾きお洗濯日和だなぁと思っていました。

午後3時半ごろには風が少し強くなり

いい風だなぁと思っていましたが

それから5分後くらいには黒雲と共に一気にどじゃぶりの雨

雨が降ったなと思っていたら間もなく

雨がやみお日様が出てきて眩しいくらいです。

“女心と秋の空”のことわざがふと浮かびました。

秋の空模様のように変わりやすいということです。

でももともとは

“男心と秋の空”で江戸時代に出来たことわざです。

現代、皆さんならどちらを使いますか?

大森

 

 

 

コメント & トラックバック

No comments yet.

コメントする